復縁狙い友人と強盗劇…女性襲わせ助けに登場(読売新聞)

 大阪府警枚方署は15日、枚方市内の女性(21)の自宅マンションに侵入するなどしたとして、関西外国語大4年・坪倉篤志(21)(枚方市甲斐田町)、関西大4年・足達康宏(21)(吹田市千里山東)両容疑者を住居侵入と暴行の容疑で逮捕した。

 発表では、2人は共謀して狂言強盗を計画し、足達容疑者が14日午後10時頃、女性宅に侵入して女性の口をふさいだ疑い。

 同署によると、坪倉容疑者は女性と交際しており、別れ話を切り出されたことから、友人の足達容疑者に「強盗役」を依頼。足達容疑者がカードローン業者を装って部屋に押し入り、女性の口をふさいだところで、坪倉容疑者が助けに登場し、逃げる足達容疑者を追っていったという。現場近くの防犯ビデオで事件直後に2人が一緒に歩いている姿が映っており、2人を追及したところ自作自演を認めた。

 坪倉容疑者は「女性の気持ちを引き留めようとしてやった」、足達容疑者は「幼なじみの頼みとはいえ、とんでもないことをした」と容疑を認めている。

家庭のライター、回収も検討へ=子供火遊び対策−消費者庁(時事通信)
鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)
<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)
車掌キセルに駅員関与…「気軽に応じてくれた」(読売新聞)
[PR]
by b0mgb4a8fd | 2010-04-20 14:29