橋下新党、大阪市議補選が試金石に(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める「ローカルパーティー大阪維新の会」の初陣となる大阪市議補選(福島区)が14日に告示される。「大阪都」構想を掲げ、来春の統一地方選で府議会、大阪市議会の過半数獲得を目指す“橋下新党”にとって、その消長の試金石となる。投開票は23日。

 「(統一選で)過半数を取れなければ、僕はある意味退陣だ」と決意を示す橋下氏は、今回の補選を「大勝すれば一挙に大阪の流れが変わる」と位置付ける。補選の1議席には各党も候補者を擁立しており、早くも真っ向から激突する形だ。

 高支持率を背景にした橋下氏の「参戦」に危機感を強めるのは民主党。府議会、大阪市議会の第1会派を統一選の目標とするだけに、大阪府連代表の樽床伸二衆院議員が維新の会発足に際し「売られたけんかは買う」「地域主権戦略会議から外す」と“圧力”をかけたとされるほど。補選には府連を挙げて臨む。

 一方で自民党は、党籍を持った府議らが維新の会で活動する中、独自候補擁立に踏み切り事実上の分裂選挙に。激戦となる今夏の参院選を前にしこりが残るのを懸念した府連内には慎重論もあったが、橋下氏が掲げる府と大阪市の解体・再編構想に反発する市議らが押し切った。

 また府連が公認したのは、定数2の福島区で1議席を持つ現職の長男。勝てば親子で独占する状況には世襲批判もちらつき、一枚岩には程遠い。

 共産党は所属市議が参院選に出馬するために辞職し、議席の死守に向けて橋下氏や大阪都構想への批判を強めている。

 補選には民主、自民、共産の各党と維新の会が新人の擁立を発表した。

【関連記事】
橋下知事、3年で新党結成 可能にした理由とは?
橋下新党を支援する「経済人・大阪維新の会」が発足
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」
恩讐超え橋下知事と連携 今夜発足「維新の会」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<太宰治賞>今村夏子さんの小説「あたらしい娘」が選ばれる(毎日新聞)
市光工業の女性管理職第一号…派遣社員から昇格(レスポンス)
ホームレス使ってダフヤ行為した男逮捕 警視庁捜査、2年で1千万円売り上げ(産経新聞)
<命を削る>高額医療の断面 負担軽減、届かぬ情報(毎日新聞)
元大和郡山市議、無罪確定へ=融資詐欺、控訴断念−奈良地検(時事通信)
[PR]
by b0mgb4a8fd | 2010-05-13 12:04