普天間、現行計画の履行困難=防衛政務官(時事通信)

 長島昭久防衛政務官は12日午後、都内で行われたシンポジウムで米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について、「鳩山由紀夫首相は、海の環境を破壊する現行案しかないとの判断を取りにくいだろう」と述べ、キャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部を埋め立てて新たに滑走路を建設する現行計画の履行は困難との認識を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

nam_kansaのブログ
シンプルな生活の秘訣
携帯ホームページ
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
[PR]
by b0mgb4a8fd | 2010-01-13 13:22